MENU

手作り卵殻膜美容液(化粧品)の作り方と注意点まとめ

 

数年前から、美容業界で話題の「卵殻膜美容液」。
文字通り卵の殻の膜を使用した、美容成分たっぷりの万能コスメです。
その卵殻膜美容液を、鶏卵の薄皮から手作り出来ることを知っていますか?
ここではそのポイントや注意点について余すところなく紹介します。

 

 

手作り卵殻膜美容液に必要な材料は?

卵殻膜美容液は一般的に売られているものや、メーカー公式サイトの定期コースなどで購入することが出来ますが、実は手作りも出来るのです。

 

そもそも鶏卵は、ほとんどの家庭の冷蔵庫に欠かせないほどポピュラーな食物。
料理に使った後の卵の殻を利用して天然美容液を作れるなんて、ちょっと信じられないですよね。

 

レシピによって少々違う

 

卵殻膜コスメの作り方を調べると、色々なパターンが出てきます。
卵殻膜とアルコールだけのもの、それを精製水で薄めた化粧水、グリセリンを混ぜてしっとり感を出したもの…。

 

自分のお肌に合う成分やテクスチャーを考え、どういうタイプの卵殻膜コスメを作るか決めましょう。

 

基本は鶏卵:アルコール

基本の卵殻膜美容液を作る場合、材料はたったの2つです。

  • 鶏卵 15個
  • 35~40度の焼酎やウォッカ 100~150ml

どちらも手軽に購入出来るのが嬉しいですね。
未成年の女子は、両親にお願いして買ってきてもらいましょう♪

 

薄めるのなら精製水:グリセリン

薄皮をアルコールに浸けたままのものでは、さすがに刺激が強いということも。
大抵の手づくり卵殻膜コスメは精製水で薄めるようです。
ドラッグストアのコンタクトレンズ用品のコーナーに置いてありますね。
精製水だけではかなりサラサラ感のある化粧水が出来上がるので、しっとりさせたい人はグリセリンも必要です。

  • 精製水 適量
  • グリセリン 適量

卵殻膜エキスと精製水・グリセリンをどのくらいの割合で混ぜるかによって、テクスチャーが違ってきます。

 

【手作り卵殻膜美容液】作り方のポイントについて

作り方はいたって簡単♪

  1. 15個分の卵殻膜を乾燥させる
  2. アルコールに浸けて2週間ほど置く
  3. ざるとキッチンペーパーを使って濾過する【美容液として使う場合、これで完成】です。
  4. 化粧水にしたい場合は、精製水などで薄める

 

15個分の卵の薄皮を集める方法

卵殻膜は、ゆでた卵からは抽出することが出来ません。
かと言って、15個もの生卵を一度に消費するのは難しいですね。

 

ですが、意外と1~2日に1個くらいは食べているものです。
殻は捨てずに、綺麗に洗って水に浸けておきましょう。
数時間で、薄皮が剥がれやすくなります。

 

剥がした薄皮はキッチンペーパーなどで水気を拭き取り、干しておきます。
白く変色してカラカラになったものを、少しずつ貯めていくのがオススメです。

 

全ての過程を冷蔵庫で

水に殻を浸けておいたり、乾いた薄皮をアルコールに浸けておいたり……少々インターバルが長いのが難点とも言える作業。
薄皮を冷蔵庫で乾燥させるのは無理ですが、それ以外の過程は冷蔵庫の中が望ましいです。

 

濾過する時も、自然に漉し切れるのを待つ間は冷蔵庫へ。
防腐剤を使用しない化粧品ですから、夏場は特に充分過ぎるくらいの注意が必要です。

 

原液と精製水の割合は5:5から3:7

卵殻膜美容液を精製水で薄める割合は、使用者の肌質に合わせて変えましょう。

 

敏感肌の人は、精製水90mlに卵殻膜エキス10mlくらいから始めてみるのが良いかもしれませんね。
出来上がった化粧水を肌につけ、刺激が強いと感じたら精製水で薄めていって下さい。
違和感を覚えながら使用を続けるのは厳禁です。

 

手作り卵殻膜美容液の正しい保管方法

保存剤などを一切使っていない卵殻膜美容液は、原則として冷蔵庫保管を守りましょう。
保存用の瓶に入れて冷蔵庫で保管した場合、約半年ほど保つそうです。

 

ですが卵殻膜美容液に限らず、手作りコスメはブドウ球菌などの雑菌が繁殖しやすいものです。
作ったばかりの時と、色や匂い、肌触りが変わってしまった時は破棄して下さい。
肌に刺激を感じた時も、すぐに使用を中止しましょう。

 

手作り卵殻膜美容液の使い方と使用上の注意点

手作り卵殻膜美容液を使う際、絶対に必要なのが「パッチテスト」です。
卵アレルギーの人や敏感肌さんはもちろん、普通肌の人も必ず行いたいですね。

 

パッチテストで問題がなければ、いよいよ手作り卵殻膜美容液デビュー!となりますが、一般的にどう使うものなのかを紹介します。

 

原液は1滴から

精製水で割らずに原液で使う時は、ほんの1滴からで充分です。
アルコールは蒸発しやすいので素早くお肌につけましょう。

 

スポイトを使うと便利ですが、使用後のスポイトを放置したり簡単に洗っただけのスポイトを原液につけるなどすると、雑菌が繁殖する原因になります。
原液で使いたい時は、スポイト付きの瓶かプッシュボトルに詰め替えるのがオススメです。


化粧水で使用する場合はスプレーが便利

化粧水タイプで使う時は、雑貨店や100円ショップなどで売っているスプレーボトルに詰め変えて使うのが便利です。
洗顔後や乾燥時などに、冷蔵庫から出して手軽に使うことが出来ますよ。
また、コットンに浸してパックをするのも良いですね。こちらは、卵殻膜化粧水に肌が慣れてきた頃に試してみましょう。


全身ケアにも◎

お風呂上がりに、肘や膝、デコルテなどにも塗ってみましょう。特に乾燥時期にはオススメです。
全身に使っているとすぐになくなってしまいそうですが、もともと長持ちしない物ですから、新鮮なうちに使い切ってしまいたいですね。
グリセリンを混ぜた卵殻膜化粧水は、冬場の手荒れや踵のカサカサにも効果的です。

 

まとめ

手作り卵殻膜美容液は、本来なら捨ててしまう卵の薄皮を使った画期的なエコ・コスメ。
材料もすぐに手に入る物ばかりで、作ろうと思えばすぐにでも作れちゃう便利な美容液です。それでいて、肌に嬉しい成分がぎっしり!言うことなしですよね。

 

ですが、手作り化粧品はすべてが自己責任の下で成り立ちます。
大事なお肌を傷つけないよう、細心の注意と気遣いで作製・使用しましょう。
生卵から得られる美のパワーで、剥きたてのゆで卵のようなツヤツヤのお肌が手に入るかもしれません。

関連ページ

卵殻膜美容液でシワは解消できる?効果的な使用方法&おすすめ商品
卵殻膜美容液には、本当にシワ解消の効果があるのか、最大限に効果を発揮するための使用方法、オススメの卵殻膜美容液など、情報満載でご紹介していきます。
卵殻膜美容液は敏感肌にNG?敏感肌におすすめの卵殻膜美容液を厳選!
卵殻膜美容液は敏感肌でも使って大丈夫なのでしょうか?敏感肌の方におすすめの卵殻膜美容液も厳選してご紹介します。
卵殻膜美容液で乾燥肌は解消できる?より効果的な使い方について解説!
様々な肌トラブルに効果のある卵殻膜美容液ですが、日頃から乾燥しがちな肌を改善することは出来るのでしょうか?乾燥肌対策におすすめの卵殻膜美容液と合わせてご紹介します。
【驚愕】卵殻膜美容液(化粧品)の驚くべき4つの効果!
卵殻膜には肌に良い成分がぎっしり詰まっています。どんな効果があるのかを解説するとともに、使用上の注意点、効果的な使い方、おすすめの卵殻膜美容液(化粧品)などをご紹介します。
美容業界で話題!卵殻膜美容液に含まれるエキスや使い方について★
卵殻膜美容液の効果や正しい使い方、卵殻膜に含まれる成分について詳しく解説します。
卵殻膜美容液(化粧品)で気になるたるみを徹底解消!
卵殻膜で本当にたるみのケアができるのか、効果的な使用方法や、オススメの卵殻膜美容液など、情報満載でお届けしていきます!
【衝撃!】卵殻膜美容液(化粧品)で毛穴レスの色白卵肌を作ろう!
卵殻膜美容液を使った人達の間で「毛穴が目立たなくなった!」という声が多数あります。どうして卵殻膜美容液を使うと、毛穴開きの解消に効果があるのでしょうか?今回は、卵殻膜美容液のパワーと、毛穴開き解消に効果的な使用方法をご紹介いたします!
卵殻膜美容液でいちご鼻は解消できる?気になるメカニズムについて
いちご鼻の主な原因や卵殻膜美容液がいちご鼻改善にどのように作用するのか、更におすすめの卵殻膜美容液まで一挙に大公開します!
卵殻膜美容液でそばかすは解消できる?より効果的な使用方法も伝授!
最近美容業界で大きな注目を集めている卵殻膜美容液!効果的に卵殻膜美容液を使えば、今からでもそばかすを解消できるかもしれません♪
卵殻膜美容液はオイリー肌でも使えるの?副作用・注意点についても解説!
卵殻膜美容液はオイリー肌でも使えるのか?オイリー肌が卵殻膜美容液を使う上での注意点について詳しく解説します。
口元のたるみには卵殻膜美容液がおすすめ!【使用上の注意点】
口元のたるみは、顔を老けて見せてしまう厄介者。「卵殻膜美容液がもたらす口元のたるみへの効果」を中心にご紹介していきます。
卵殻膜美容液は目の下のたるみに絶大な効果!?真相を徹底究明!
卵殻膜美容液は、アンチエイジングケアでの大きな悩みである目の下のたるみに対して絶大な効果をもたらすことができると言うのです。その真相やいかに!
卵殻膜美容液でほうれい線を徹底解消!おすすめ商品を厳選紹介!
卵殻膜美容液でほうれい線を改善できるメカニズムを解説するとともに、おすすめの卵殻膜美容液などもご紹介します。