MENU

卵殻膜美容液でほうれい線を徹底解消!おすすめ商品を厳選紹介!

 

ほうれい線は、アンチエイジングスキンケアの代表的な悩みの一つです。
アンチエイジングスキンケアの悩みとしてほうれい線が厄介だと感じているケースは、長いシワのように常にほうれい線が目立ってしまっている状態です。
そのような状態になっていると、顔全体がたるんで垂れ下がってしまっているように見えて、疲れ顔や老け顔の印象を与えてしまうからです。

 

できてしまったら非常に目立つ上に、少し隠すことさえも難しいほうれい線。
しかし、最近話題の卵殻膜美容液が、そのほうれい線を解消してくれる心強い味方であるということがわかってきました。

 

 

卵殻膜美容液でほうれい線を改善できるメカニズムとは?

ほうれい線とは、小鼻の両脇から口元までに現れる線のことです。
そしてその正体は、シワではなく、顔の口元と頬との筋肉の境界線による溝です。
医学用語では「鼻唇溝(びしんこう)」と呼ばれています。

 

実は、ほうれい線は、普段は目立たないというだけで、笑顔などに顔の表情が変化した時には年代を問わず必ず現れるものなのです。

 

20代では、肌の乾燥、紫外線、食生活の乱れ、喫煙、睡眠不足や運動不足等が原因となってほうれい線が目立ってきてしまうことがあるようですが、それはごく稀なケースです。

 

30代半ばになってくるとほうれい線が気になり始める人も出てきますが、目立つのは鼻の脇辺りまでで、口元までほうれい線が目立つというようなケースはほとんどありません。

ほうれい線が目立つようになる原因

とはいうものの、一般的に、ほうれい線は年齢を重ねると共にどんどん目立ちやすくなってきます。
そして、顔の表情が変化していない時でもくっきりとほうれい線が現れているようになります。

 

そうなってしまうと、顔の皮膚が垂れ下がっているように見えたり大きなシワがあるように見えたりして、肌の老化が著しく進んでいる印象を強烈に受けるようになってしまいます。

 

このようにほうれい線がはっきりと目立つようになる最大の原因は、顔の真皮の老化現象です。

 

 

表皮の下にある真皮の層ではコラーゲンやヒアルロン酸が貯水タンクの役割をしており、肌の潤いとハリを保ちながら表皮を支えています。
ところが、加齢によって真皮内にあるコラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまうと、皮膚の下の細胞内の水分が失われてしまいます。
水分を失った真皮層にはへこみが生じてしまい、その上にある表皮が影響されることでたるみが引き起こされてしまいます。

 

つまり、アンチエイジングケアにおけるほうれい線に対する悩みの正体とは、筋肉の境目である鼻唇溝に沿って生まれる頬の皮膚のたるみに対しての、真皮の老化の悩みなのです。

目立っているほうれい線を解消するには?

たるみの原因である真皮の老化における根本的で直接的な要因は、Ⅲ型コラーゲンの減少です。

 

Ⅲ型コラーゲンは、別名ベビーコラーゲンと呼ばれる柔軟性コラーゲンで、人間の皮膚や血管を構成している主成分です。
水分保持力が高いので肌の柔軟性や弾力性に深く関わり、肌の潤いとハリの素となっています。

 

 

人間がⅢ型コラーゲンを体内に最も多く保有している時期は赤ちゃんの時期で、年齢を重ねるにつれてⅢ型コラーゲンは徐々に減っていき、特に25歳前後を境に激減してしまうといわれています。

 

そこで最近話題なのが、よく肌に浸透してⅢ型コラーゲンの生成をサポートしてくれる卵殻膜美容液です。

卵殻膜美容液は、肌の奥深くまで浸透し、真皮内のコラーゲン量を増やして細胞の潤いキープ力を助けてくれる効果があります。

 

その効果のおかげで、顔の皮膚の下の細胞が水分で膨らみ、表皮が持ち上げられて、ほうれい線を深く長くしているたるみをなくしてくれる、というメカニズムが大注目を浴びているのです。

ほうれい線解消に効果的な卵殻膜美容液の美容成分

 

卵殻膜とは、卵の内側にある厚さわずか0.07mmの白濁色の薄い膜のことをいいます。
卵が孵化するまでの間に閉ざされた殻の中でヒナの生命活動を支えているのが、この卵殻膜の力です。

 

卵殻膜には、コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカン、デスモシン、イソデスモシン、18種類のアミノ酸、シアル酸等の美容成分が自然の形で豊富に含有されています。

これらの美容成分は、肌に浸透するとヒト真皮繊維芽細胞に接着して、相俟ってⅢ型コラーゲンの生成サポート力を発揮するようになっています。


実は、厄介なことに、Ⅲ型コラーゲンは食材やサプリから摂取することがほとんどできません。
アンチエイジングケアに熱心な人ほど、加齢によるⅢ型コラーゲンの減少のことを知って、肌の老化に対してはある程度諦めなくてはならない範囲もあるのだと心に折り合いをつけたことがあるでしょう。

 

つまり、卵殻膜美容液は、一度失われると増やすことが非常に困難だと思われていたⅢ型コラーゲンを肌の中で増幅させるという奇跡的な力を持つ、アンチエイジングケアの救世主なのです。

ページの先頭へ戻る

ほうれい線ケアに最適な卵殻膜美容液を厳選紹介!

ビューティーオープナー/オージオ化粧品

2017年モンドセレクションにて金賞を受賞し、さまざまな雑誌やメディアで取り上げられるほどに大人気の卵殻膜美容液は『ビューティーオープナー/オージオ化粧品』です。

 

「驚くほど速攻浸透」というキャッチフレーズで、2017年9月の1ヶ月間で30,000本も売れた実績を持ち、卵殻膜に含まれる美容成分についての話題沸騰のきっかけになった代表的な卵殻膜美容液ともいえる存在です。

 

卵殻膜エキスが保湿成分の95パーセントも配合されており、速攻で浸透していく毎日の洗顔後の一滴で肌質の変化が実感できるとの口コミが多数寄せられています。

 

通常は18ml 5,900円(税別)で販売していますが、公式販売専用サイトから申し込むと、初回限定で65%OFFの1,980円(税別)で購入できるそうです。

 

CELLULA BRILLIO(チェルラーブリリオ)/ALMADO(アルマード)

ビューティーオープナーと並んで口コミサイトで有名なのが『CELLULA BRILLIO(チェルラーブリリオ)/ALMADO(アルマード)』です。
独自の高密度卵殻膜エキスと共に、保湿に優れたフラーレンやEGF等のエイジングケア成分をバランス良く配合しているのをアピールポイントとしています。

 

浸透性に優れ、スッと浸み込んで肌が潤いハリが出るという口コミが多数寄せられています。
通常は300ml 12,960円(税込)で販売されていますが、公式販売専用サイトから定期コースの販売を申し込むと最大48%OFFの6,642円(税込)で購入できるようです。

 

AMF(アマフ) エクストラエッセンス/ALMADO(アルマード)

サイトからの購入に不安感のある人におすすめなのが、『AMF(アマフ) エクストラエッセンス/ALMADO(アルマード)』です。
ALMADOからのお手頃シリーズで、全国のドラッグストアにて購入することができます。
サンプルが置かれている店舗なら、実際に付け心地を確認できてから購入できるので安心ですね。

 

お手頃シリーズなので質が劣るのかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、しっかりと加水分解卵殻膜が配合されており、ビタミンC誘導体やセラミドも含有されているので、保湿成分が肌にしっかり浸透してくれるようになっています。

 

何より、ALMADOの化粧品は全て東京大学の卵殻膜の研究室と共同開発された商品なので、そもそもの質の水準が高いので安心して購入してください。
18ml 4,860円(税込)で販売しています。

ページの先頭へ戻る

卵殻膜美容液と合わせて実践したい!おすすすめのほうれい線ケア★

表情筋トレーニング


表情筋とは、目、鼻、口等を動かす筋肉の総称で、顔の表皮や脂肪を支える土台となっています。

 

表情筋が凝ったり弱ったりしてしまうと、皮膚が土台ごと固まったり垂れ下がったりすることになるため、脂肪が膨張したり垂れ下がったりするので、ほうれい線が目立つようになる原因のひとつになってしまいます。

 

特に、唇の周りを円状に囲んでいる口輪筋、目尻から口角を結ぶ大頬骨筋、黒目の下から上唇の山を結ぶ小頬骨筋は、ほうれい線の深さや長さに大きく影響を及ぼします。

 

口輪筋は口を閉じたり突き出したりする筋肉で、口元のたるみを支えており、大頬骨筋と小頬骨筋は、口輪筋と共に頬のたるみを支えています。
また、口輪筋は、表情筋全体の7割の筋肉と繋がっているため、口輪筋がたるんでしまうと繋がっている筋肉も伸びてしまいます。

 

口輪筋、大頬骨筋、小頬骨筋にはたらきかけるトレーニングはとても簡単です。
口輪筋のトレーニングは、ゆっくり大袈裟に「あ、い、う、え、お」の口の形を順に作るだけです。

 

大頬骨筋と小頬骨筋をトレーニングしたい場合は、口角を思い切り上げて10秒間キープしてから緩める、という動きを繰り返します。
どちらも、筋肉を収縮させて一気に開放することの繰り返しで筋肉トレーニング効果になります。
これらの表情筋を鍛えることは、嬉しいことに、頬のリフトアップ効果にもつながります。

 

また、口の内側から舌でほうれい線をなぞって押し上げる、もしくは、鼻の下を伸ばしながら上を見上げる、というストレッチも併せてすると、凝りやむくみの改善になり、相乗効果があります。適切な筋肉トレーニングとストレッチができると、老廃物が流れて血行が良くなり、代謝がアップして肌のターンオーバーもスムーズになりますので、効果的なアンチエイジングケアになりますよ。

ページの先頭へ戻る

(宝田式)歯ブラシエクササイズ


新しい習慣として表情筋トレーニングを毎日継続させるのが難しいと感じる人には、歯ブラシエクササイズがおすすめです。
歯磨きをしながらできる簡単なエクササイズなので、一度覚えてしまえば毎日の数回の歯磨きのタイミングで無理なく自然に継続することができます。

 

歯ブラシエクササイズのやり方は以下の通りです。

  1. 口に歯ブラシを咥え、吸うようにして頬をすぼめて、8秒キープします。3回繰り返します。
  2. 歯ブラシの背を使い、口の内側からほうれい線をほぐしてしっかり伸ばします。左右3回ずつ繰り返します。
  3. 歯ブラシで口の内側からほうれい線を押し上げながら鼻で息を吸い込み、ほうれい線を軽く手の平でたたきながら息を吐き出します。左右3回ずつ繰り返します。

所要時間は約3分です。

 

口の中はとてもデリケートで柔らかいので、歯ブラシエクササイズをする際には、あまり力をいれずにゆっくりと圧をかけるように注意してください。

ページの先頭へ戻る

植物性オイルを使ってリンパマッサージ


むくみによる頬の膨らみによって、ほうれい線が余計に深くはっきりさせられてしまっているケースもあります。
その場合はリンパマッサージでリンパの流れを良くしてむくみを解消しましょう。

 

基本的なやり方は、顔の中心から外側に向かって優しく肌を撫でていくだけです。
皮膚を伸ばしてしまったり傷つけてしまったりしないように、力加減に注意しましょう。

 

リンパマッサージをする箇所は、

  • 小鼻の横から耳たぶに
  • 口角から耳たぶに
  • 顎の真ん中から耳たぶに
  • 額の真ん中からこめかみに
  • 眉頭からこめかみに
  • 鼻の横から頬骨の上を通ってこめかみに
  • こめかみから耳たぶに
  • 耳たぶの裏から鎖骨に

それぞれ左右10回ずつ撫でてマッサージしましょう。
5本の指全部をぴったりと閉じてくっつけて撫でると、リンパを逃さず流しやすくなりますよ。

ページの先頭へ戻る

ツボ押し

顔のツボ押しも、顔の血行が良くなってむくみの改善にもつながるので、非常に効果的です。
洗顔後の顔全体が温まった状態で卵殻膜美容液を塗った後のタイミングでのツボ押しをおすすめします。

 

顔のツボ押しケアでは、表情筋のトレーニングのやり過ぎによるシワを避けることができます。
実は、あまりにも極端に顔の一部分のトレーニングをしてしまった場合には、局所的に引き締まった筋肉に引っ張られて表面の皮膚が折りたたまれてシワになってしまう、というケースがあるので注意が必要なのです。

 

顔の筋肉はとても薄いためにトレーニングによる引き締め効果やリフトアップ効果が出やすいのは確かです。
ほうれい線を薄くしたいという気持ちを先行させすぎないで、バランス良く、焦らずに、しっかりとケアを継続していくことを大切にしてください。

巨りょう(こりょう)

黒目の真下への縦線と小鼻の先からの横線の交点にあるツボです。ほうれい線の起点にあるツボともいえます。
中指の腹を当てて、左右同時に5秒間押し、ゆっくりと離します。3回繰り返しましょう。

散笑(さんしょう)

小鼻と口角との真ん中にあるツボです。ほうれい線の真ん中にあるツボともいえます。
中指の腹を当てて、左右同時に5秒間押し、ゆっくりと離します。3回繰り返しましょう。

地倉(ちそう)

口角の両端にあるツボです。
中指の腹を当てて、左右同時に5秒間押し、ゆっくりと離します。3回繰り返しましょう。

ページの先頭へ戻る

姿勢の改善


実は、悪い姿勢、特に猫背は、ほうれい線をどんどん目立ちやすくしてしまいます。
なぜかというと、体の筋肉や皮膚は全て繋がっているからです。

 

猫背になっていると、顔の筋肉や皮膚を後方に引き上げてくれている背中の筋肉が弱ってしまうので、頭部を支えるために首周りに余分な筋肉がついて凝り固まってしまいます。

 

その首周りで凝り固まった余分な筋肉は血行やリンパの流れを妨げてしまうので、顔がむくみ、ほうれい線も深く目立つようになってしまいます。

 

また、猫背になっていると、身体の真上よりも前に首が出てしまうので、下からの支えがない状態になってしまいます。
すると、顔の筋肉や皮膚が重力に負けやすくなってしまい、顔がたるみ、ほうれい線がはっきり目立つようになってしまうのです。

ページの先頭へ戻る

紫外線が当たるのを防ぐ


紫外線A波はエネルギーが小さくて焼けるような感覚を受けないものの、波長が長く、肌の奥深くまで浸透してコラーゲン等の肌の細胞を破壊してしまいます。
つまり、紫外線A波を浴び続けると、肌の弾力の源である貯水力が失われ、ほうれい線がはっきりと目立つようになってしまいます。

 

紫外線A 波対策として一番有効な方法は、年間を通してずっと日焼け止めクリームを塗ることです。
なぜなら、冬の間も私たちは紫外線を浴びているから、ということはもちろん、紫外線A波は肌の奥深くの細胞を破壊するので、そのダメージは数年後から出てくるという特徴があります。つまり、常に紫外線を浴びないようにする意識が必要なのです。

 

ちなみに、シミ予防などの化粧品は紫外線B波への対策用化粧品です。
紫外線B 波は、波長が短くエネルギーが大きくて肌の表面を破壊するので、ダメージを受けた肌がメラニン色素を分泌して、シミやそばかすや色素沈着の原因をつくるのです。

 

できるだけ紫外線を浴びないようにするだけで、ほうれい線はもちろん、シミを予防することができるので、是非この機会に日焼け止めを常に塗る習慣をつけてみてください。

ページの先頭へ戻る

まとめ

ほうれい線の正体は、顔の筋肉の溝。誰しもが嫌がるほうれい線は、実は、元来顔にあって当たり前のものでした。
つまり、ほうれい線に対する正しいアンチエイジングケアとは、いかにその溝を目立たなくするかという方法です。

 

主なセルフケアとしては、表情筋のトレーニング、リンパマッサージ、ツボ押し、姿勢の改善等があります。
そして、更に、最近話題の卵殻膜美容液を使用することで、真皮の老化現象に効果的にはたらきかけることができるようになったので、日頃のスキンケアの中でほうれい線を解消することも可能になりました。
ヒナの生命を守り育むほどの力が宿る卵殻膜には、天然由来のアンチエイジング美容成分がふんだんに含まれているからです。
卵殻膜美容液の適切で効果的な使用方法を守り、セルフケアも併せて、健康で美しい肌で末永く満喫してくださいね。

関連ページ

卵殻膜美容液でシワは解消できる?効果的な使用方法&おすすめ商品
卵殻膜美容液には、本当にシワ解消の効果があるのか、最大限に効果を発揮するための使用方法、オススメの卵殻膜美容液など、情報満載でご紹介していきます。
卵殻膜美容液は敏感肌にNG?敏感肌におすすめの卵殻膜美容液を厳選!
卵殻膜美容液は敏感肌でも使って大丈夫なのでしょうか?敏感肌の方におすすめの卵殻膜美容液も厳選してご紹介します。
【簡単】手作り卵殻膜美容液(化粧品)の作り方と注意点まとめ
卵殻膜美容液を、鶏卵の薄皮から手作り出来ることを知っていますか?ここではその作り方のポイントや注意点について余すところなく紹介します。
卵殻膜美容液で乾燥肌は解消できる?より効果的な使い方について解説!
様々な肌トラブルに効果のある卵殻膜美容液ですが、日頃から乾燥しがちな肌を改善することは出来るのでしょうか?乾燥肌対策におすすめの卵殻膜美容液と合わせてご紹介します。
【驚愕】卵殻膜美容液(化粧品)の驚くべき4つの効果!
卵殻膜には肌に良い成分がぎっしり詰まっています。どんな効果があるのかを解説するとともに、使用上の注意点、効果的な使い方、おすすめの卵殻膜美容液(化粧品)などをご紹介します。
美容業界で話題!卵殻膜美容液に含まれるエキスや使い方について★
卵殻膜美容液の効果や正しい使い方、卵殻膜に含まれる成分について詳しく解説します。
卵殻膜美容液(化粧品)で気になるたるみを徹底解消!
卵殻膜で本当にたるみのケアができるのか、効果的な使用方法や、オススメの卵殻膜美容液など、情報満載でお届けしていきます!
【衝撃!】卵殻膜美容液(化粧品)で毛穴レスの色白卵肌を作ろう!
卵殻膜美容液を使った人達の間で「毛穴が目立たなくなった!」という声が多数あります。どうして卵殻膜美容液を使うと、毛穴開きの解消に効果があるのでしょうか?今回は、卵殻膜美容液のパワーと、毛穴開き解消に効果的な使用方法をご紹介いたします!
卵殻膜美容液でいちご鼻は解消できる?気になるメカニズムについて
いちご鼻の主な原因や卵殻膜美容液がいちご鼻改善にどのように作用するのか、更におすすめの卵殻膜美容液まで一挙に大公開します!
卵殻膜美容液でそばかすは解消できる?より効果的な使用方法も伝授!
最近美容業界で大きな注目を集めている卵殻膜美容液!効果的に卵殻膜美容液を使えば、今からでもそばかすを解消できるかもしれません♪
卵殻膜美容液はオイリー肌でも使えるの?副作用・注意点についても解説!
卵殻膜美容液はオイリー肌でも使えるのか?オイリー肌が卵殻膜美容液を使う上での注意点について詳しく解説します。
口元のたるみには卵殻膜美容液がおすすめ!【使用上の注意点】
口元のたるみは、顔を老けて見せてしまう厄介者。「卵殻膜美容液がもたらす口元のたるみへの効果」を中心にご紹介していきます。
卵殻膜美容液は目の下のたるみに絶大な効果!?真相を徹底究明!
卵殻膜美容液は、アンチエイジングケアでの大きな悩みである目の下のたるみに対して絶大な効果をもたらすことができると言うのです。その真相やいかに!