MENU

卵殻膜美容液は目の下のたるみに絶大な効果?!真相を徹底究明!

 

天然由来のアンチエイジング美容成分として話題沸騰中の卵殻膜美容液。
実は、卵殻膜自体は、傷や火傷の治癒薬として昔から重宝されており、肌の回復力への作用から美容成分としてずっと注目されていました。
ただ、卵殻膜の成分を美容液にする技術が今まではなかったために、スキンケアアイテム化することができていませんでした。 

 

そして、その卵殻膜美容液は、アンチエイジングケアでの大きな悩みである目の下のたるみに対して絶大な効果をもたらすことができるのです。
まさに、知る人ぞ知る、待ちに待った卵殻膜成分での効果的なアンチエイジングケアについてご紹介させていただきます。

 

 

卵殻膜とは

 

卵殻膜とは、卵の内側にある厚さわずか0.07mmの白濁色の薄い膜です。
外側は粗く、内側は密な、二層の網目状の構造になっています。
ゆで卵を剥いたときなどに卵の殻の内側に見える膜、という説明がわかりやすいかもしれませんね。

 

卵殻膜は、卵からヒナが孵化するまでの間に、菌やウイルスからヒナを守ったり、栄養素を与えてヒナの細胞を増殖・分化させて発育を促したりします。親鳥にエサを与えてもらうことができない閉ざされた殻の中でヒナの生命活動を支える重要な役割を果たしているのです。

 

卵殻膜に含まれている美容成分

ヒナの生命維持と誕生に不可欠な卵殻膜には、コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカン、デスモシン、イソデスモシン、18種類のアミノ酸、シアル酸等、美肌を目指している人には魅力的な美容成分が自然の形で豊富に含まれています。

 

肌の潤いとハリの素でエイジングケアには欠かせないコラーゲン。
保水力を助けてくれるヒアルロン酸。
細胞増殖をサポートしてくれて高い保湿力を持つプロテオグリカン。
真皮の中でコラーゲン同士を網目状に結びつけて肌に弾力を出すデスモシンとイソデスモシン。
体内の弱った細胞を回復させて免疫力まで上げてくれるシアル酸。

美しく健康な肌の状態を保っていたいと常に気にかけている人にとっては、どれも大切な成分ですよね。

 

卵殻膜に含まれている美容成分のはたらき

 

Ⅲ型コラーゲンの生成サポート

Ⅲ型コラーゲンは、人間の皮膚や血管を構成している主成分です。
別名ベビーコラーゲンと呼ばれる柔軟性コラーゲンで、水分保持力が高く、肌の柔軟性や弾力性を出し、肌の潤いとハリの素となっています。
卵殻膜の美容成分が肌に浸透すると、ヒト真皮繊維芽細胞に接着して増加させ、Ⅲ型コラーゲンの生成をサポートしてくれます。

 

人間がⅢ型コラーゲンを体内に最も多く保有している時期は赤ちゃんの時期です。
理想の肌としてよく挙げられる、スベスベなのにモチッとハリのある赤ちゃん肌は、Ⅲ型コラーゲンのはたらきのおかげの肌質なのです。

肌への抜群な親和性

アミノ酸は、肌の角層にある天然保湿因子の主成分でもあります。
そのため、肌なじみがとても良く、保湿成分を肌に深く浸透させるはたらきをする成分としてスキンケアでも注目を浴びています。

 

卵殻膜の成分に含まれているアミノ酸は、チロシン、セリン、アルギニン、グリシン、ロイシン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、シスチン(L-システイン)、アラニン、グルタミン酸、アスパラギン酸、プロリン、スレオニン、イソロイシン、バリン、トリプトファン、リジンの18種類です。人間の肌や髪に含まれているアミノ酸のほとんどが卵殻膜に含まれているのです。

メラニン生成の抑制とターンオーバーの促進

アミノ酸の中でも特にシスチンは、シミやそばかすケアに欠かせない有名な美容成分です。
体内に入るとL-システインという物質に変化し、シミやそばかすの元となるメラニンの生成を抑制してくれます。
そして、更に、肌のターンオーバーも促進してくれます。
シスチンは人の肌にも保有されていますが、卵殻膜には約5倍の量のシスチンが含まれています。

 

卵殻膜美容液で目の下のたるみは改善できる?

 

 

アンチエイジングケアの悩みとしてよく挙げられるのが、目の下のたるみですよね。
目の下にたるみができてしまうと、シワやほうれい線と同様に、一気に老けた印象の顔になってしまいます。

 

しかも、目の下のたるみは、安易に引っ張って伸ばそうとすると、肌を痛めたり反ってたるみ部分が悪化してしまったりと、セルフケアではどうしたらいいか全くわからないと途方に暮れている方も少なくありません。

 

目の下のたるみの原因

目の下のたるみの原因は、悲しいことに、老化現象です。
目の疲れによる場合や肌に合っていないスキンケアアイテムの使用による場合も稀にありますが、慢性的に継続して目の下がたるんでいる場合の原因は老化現象なのです。

 

そして、老化現象によって生じる目の下のたるみには、主に2パターンの要因があります。

 

真皮の老化

 

 

表皮の下にある真皮の層にはコラーゲンやヒアルロン酸が蓄えられており、肌の潤いとハリを保ちながら表皮を支えています。
ところが、加齢によって真皮内にあるコラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまうと、皮膚の下の細胞内の水分が失われてへこみが生じます。
そして、その上にある表皮が影響されることでたるみが引き起こされてしまうのです。

 

特にⅢ型コラーゲンが減少すると、深いシワ、ほうれい線、肌のたるみ等の大きな原因になることがわかっています。
Ⅲ型コラーゲンは大人になるにつれて徐々に減っていってしまい、特に25歳前後を境に減少するといわれています。
そして、Ⅲ型コラーゲンは、食材やサプリからは摂取することがほとんどできません。

 

眼輪筋の弱り

 

 

また、加齢によって目の周囲の眼球を支えている靭帯が緩んでくることで、眼輪筋と下まぶたの皮膚が弱くなったり破壊されたりすることも、目の下のたるみの原因になっています。

 

上からの眼球の重さに耐えられなくなることに影響されることで下まぶたの奥の脂肪を支える力も弱くなってしまうと、目の周りの内側にある脂肪(眼窩脂肪)が前に押し出されて下に垂れてきてしまうのです。

 

更に年齢が進むと顔全体がたるんでいくので、どんどん眼窩脂肪は飛び出し、目の下は皮膚が薄いので特に大きなたるみをつくってしまいます。

 

目の下のたるみを改善するには?

 

たるみを改善してハリのある肌を維持するために一番必要なケアは、表皮を下から支えている真皮の層に充分な水分量を維持しできるようにするケアです。
真皮内のコラーゲン量を増やして潤いを与えることで、細胞の保水量が増えて細胞が膨らみ、表皮が持ち上げられてたるみがなくなってくれるのです。

 

つまり、よく肌に浸透してくれて、Ⅲ型コラーゲンの生成をサポートでき、ターンオーバーも促進してくれる卵殻膜成分を含む卵殻膜美容液こそが、目の下のたるみ改善において、頼もしい味方なのです。

 

卵殻膜美容液で目の下のたるみを徹底解消!効果的な使用方法と注意点

 

では、目の下のたるみを徹底的に解消するための、卵殻膜美容液の効果的な使用方法と注意点について紹介していきます。

 

指定されている使用タイミングを守る

たいていの場合、美容液は化粧水の後に使用しますよね。
しかし、卵殻膜美容液には、化粧水の前に使用するタイプの商品が数多くあります。
化粧水の前に卵殻膜美容液を肌に塗ることによって、化粧水に含まれている美容成分の浸透率もアップさせることができるためです。

 

より効果的なスキンケアになる使用タイミングが記されているので、自分の購入した商品の説明書等をよく読んで、しっかりと順番を守って使用しましょう。

 

洗顔後すぐに使用する

洗顔後は、肌の汚れがなく毛穴もきれいに開いた状態になっているため、スキンケアには最適のタイミングです。
洗顔後すぐに卵殻膜美容液(または化粧水)を肌に塗って、美容成分を存分に浸透させましょう。

 

また、洗顔後、特にお風呂上りの肌は、実は、急激に乾燥していっています。
肌の汚れを落とすのと同時に、肌の保湿コーティングの役割をしている皮脂も洗い流れてしまっているからです。
そういった意味でも、洗顔後のタイミングでは、絶対にすぐに卵殻膜美容液を(もしくは化粧水)を肌に塗りましょう。

 

温かい手で直接塗る

卵殻膜美容液を肌に塗る際には、手で直接塗るのが効果的です。

 

また、同時に気を付けると良いのが、体温です。
顔はもちろん、手も温かい状態でスキンケアするのが最も効果的でおすすめです。

 

卵殻膜美容液を塗る際には、頬、額、口元などに一度置き、内側から外側に向けて撫でるように伸ばして塗ります。
ある程度伸ばしたら、お顔を温めるように包み込むように軽く手で押さえましょう。

 

適量は商品によって違うので、説明書等をよく読んで確認してください。

 

重点的にケアしたい箇所には重ね塗りする

目の下のたるみの解消のためには、ポイントで重ね塗りするのがおすすめです。
ポイント塗りしたい箇所に指の腹で優しく置き、そのまま指の腹で軽く押さえましょう。

 

たるみがひどくて重点的にケアしたい場合は、重ね塗りがおすすめです。
目尻が乾燥してシワになると目の下のたるみを促進させてしまうので、一緒にしっかりとケアしてあげましょう。

 

卵殻膜美容液を使用する際の注意点

卵殻膜を直接食べても成分は吸収されない

卵殻膜の成分や効果を知った誰もが、次の卵料理をつくる機会からは卵殻膜も一緒に食べることにしようと考えることでしょう。
しかし、卵殻膜はそのまま食べても体内で消化・吸収することができません。
寧ろ、消化不良を起こす原因になるくらい全く消化されない物質なので、スキンケアのためにと直接たくさん食べることはしないようにしてください。

 

卵アレルギーの方は必ずパッチテストを行う

卵殻膜美容液は卵由来の美容成分なので、卵アレルギーをお持ちの方が使用する場合には、必ずパッチテストを行って下さい。
もちろん、アレルギーの発症原因には個人差があります。
それに、一説では、卵アレルギーを持っている方の多くが反応しているのは卵白に含まれるオボアルブミンやオボムチンという成分で、卵殻膜に含まれている成分とは異なるといわれていることもあります。

 

しかし、美しい肌のことを考え健康への意識を高く持っているならば、本末転倒にならなうように、必ず卵アレルギーのパッチテストを行ってから卵殻膜美容液を使用してください。

保存方法をしっかり守る

多くのスキンケアアイテムと同様に、卵殻膜美容液も、気温の変化が大きい場所には置かないでください。
そして、決して直射日光が当たるような場所には置かないでください。
また、極度に湿度が高くなる場所に置くと、品質が変わってしまう可能性があるので、湿度にも注意してくださいね。
商品によっても適切な保存方法が異なってくるので、説明書等を読んでしっかりと守るようにしてくださいね。

使用期限をしっかり守る

多くのスキンケアアイテムと同様に、卵殻膜美容液も使用期限を守って使用しましょう。

 

卵殻膜美容液の使用期限については、特に他の美容液と変わりなく、開封してからは1~2ヶ月の間に使い切るようにして、未開封の状態では約3年を目安にして捨てるのが基本です。
説明書等をしっかり読んで、期限をしっかりと守りましょう。

自家製で卵殻膜化粧品を作ることはおすすめしません

卵殻膜は非常に水に溶けにくく、ずっとスキンケアアイテムとして開発できなかったのですが、最近の卵殻膜への関心の高まりから、自家製の卵殻膜化粧品を作ろうとする方が増えてきています。
インターネットで検索すると、卵の殻を乾燥させてウォッカ等に浸して長期間ねかせる等のレシピを数多く見つけることができますが、自家製で卵殻膜化粧品を作ることはおすすめしません。

 

たいていの手作り化粧品にはブトウ球菌等の雑菌が繁殖しやすいため、製作、使用、保存には細心の注意が必要になります。
卵殻膜には含まれている成分が多く、化粧品もデリケートな成分バランスでできているので、自家製での卵殻膜化粧品は特におすすめできません。

 

卵殻膜美容液はこんな部分ケアにも効果的!

 

 

卵殻膜美容液は、天然由来の豊富なアンチエイジング美容成分が含まれている美容液です。
これまでは、アンチエイジングケアでの大きな悩みである目の下のたるみにおいての卵殻膜美容液での効果的な解消法を述べてきましたが、もちろん、卵殻膜美容液が効果的なはたらきをしてくれるのはこれだけではありません。

 

ほうれい線対策

ほうれい線は、目の下のたるみと同様に、アンチエイジングケアにおける代表的な悩みとして挙げられます。
ほうれい線の原因もまた、目の下のたるみと同様に、老化現象です。

 

加齢によって皮膚の下の細胞内の水分が失われてへこみ、表皮が影響されることで顔のたるみが引き起こされた結果、ほうれい線が出てきてしまうのです。
真皮内のⅢ型コラーゲンの生成サポートをしてくれる卵殻膜美容液は、ほうれい線解消でも大活躍してくれます。

 

首元やデコルテ部分のシワ対策

加齢によってどんどん出てくる首元やデコルテ部分のシワも、アンチエイジングケアにおいてよく話題に挙げられる悩みです。
シワの原因も、もちろん、老化現象による皮膚の下の細胞内の水分不足です。
つまり、首元やデコルテ部分のシワに対しても、卵殻膜美容液は効果的です。

 

シミやそばかす対策

卵殻膜に含まれる美容成分の説明の際に、メラニンの生成を抑制して肌のターンオーバーも促進してくれるシスチンというアミノ酸の紹介をしました。
圧倒的なシスチン含有量がある卵殻膜美容液は、シミやそばかすのケアにも効果絶大です。

 

髪のハリやコシの復活

アミノ酸のひとつであるシスチンは体内に入るとL-システインという物質に変化します。
このL-システインは、髪の主成分のひとつであるケラチンを構成するアミノ酸の一種でもあるため、卵殻膜美容液はヘアケアでも効果を発揮してくれます。

 

実は、美容液をヘアケアに用いることは、珍しいことではありません。
ドライヤーの前に髪全体に卵殻膜美容液をなじませて使用してみてください。

 

卵殻膜美容液と合わせて実践したい!目の下のたるみにおすすめの対策

 

表情筋(眼輪筋)トレーニング

 

表情筋とは、目、鼻、口等を動かす筋肉の総称です。
表情筋が弱ったり凝ったりしてしまうことも、たるみやほうれい線やたるみなどの原因のひとつになります。

 

特に、眼輪筋は目の開閉に使う筋肉で、眼輪筋が衰えると目の周りの内側にある脂肪(眼窩脂肪)が前に押し出されて下に垂れてきてしまい、目の下のたるみに影響を及ぼします。

 

眼輪筋にはたらきかけるトレーニングはとても簡単で、目をギュッと閉じて大きく開く、という方法です。
眼輪筋を収縮させて一気に開放することで筋肉トレーニングになります。

 

また、目の下のたるみの度合いが軽い場合は、目の横の辺りを指で軽く押さえて眼輪筋を伸ばすようにして左右上下のいろいろな方向に引っ張るストレッチも併せてすると、凝りやむくみの改善になり、相乗効果があります。

 

適切な筋肉トレーニングとストレッチができると、血行が良くなり代謝がアップして、肌のターンオーバーもスムーズになりますので、効果的なアンチエイジングケアになります。

 

ツボ押し

もしも、目の下のたるみの度合いがひどい場合は、顔の皮膚を引っ張り上げるようなマッサージをすると反ってたるみを悪化させてしまうことがあります。
目の周りの皮膚はとても薄いので簡単に伸びてしまいますし、不適切な力加減でマッサージをすると真皮内のコラーゲン組織を破壊してしまうのです。

 

そこで効果的な方法がツボ押しです。ツボ押しをすると顔の血行が良くなってむくみの改善にもつながるので、洗顔後の顔全体が温まった状態で卵殻膜美容液を塗った後にツボ押しをすることをおすすめします。

 

 

承泣(しょうきゅう)

瞳の真下の骨のすぐ上にあるツボです。指を目の方向に深く入れてしまわないように気をつけて、必ず目を閉じて押してください。
人差し指の腹を当てて、骨の縁を下方向に押します。
左右同時に5秒間押し、ゆっくりと離します。5回繰り返しましょう。

 

四白(しはく)

瞳の真下の骨の縁から指幅1~1.5本分くらい下にあるツボです。
人差し指の腹を当てて、少し上の方に向かって押します。
左右同時に5秒間押し、ゆっくりと離します。5回繰り返しましょう。

 

太陽(たいよう)

こめかみからやや目尻寄りにあるツボです。
親指の腹を当てて、他の指で頭を包んで支えるようにしながら揉むように押します。
少し痛くて気持ち良い程度の強さで、左右同時に30回ほど押しましょう。

 

美顔器を有効活用

目の下のたるみへの適切で効果的なケアは、顔の皮膚の下の真皮内と筋肉にはたらきかけるケアです。
美顔器には、有効成分を皮膚に届けるのを助けるイオン導入機能や、筋肉へ作用するEMS機能や直接肌の深部を温めるRF機能が備わっているタイプがあるので、卵殻膜美容液を塗る際や、マッサージやツボ押しをする際に有効に活用してみるのがおすすめです。

 

紫外線が当たるのを防ぐ

紫外線は、真皮内のコラーゲン組織を破壊したり、眼輪筋に大きなダメージを与えたりします。
できるだけ紫外線を浴びないように工夫するだけで、目の下のたるみはもちろん、シワを予防することができます。
外出する時には日焼け止めクリームを塗り、つばの広い帽子や日傘を活用してみてください。

 

まとめ

ヒナの生命を守り育む神秘的な力から、治癒薬として昔から重宝されてきた卵殻膜。
現代の技術の発展の恩恵で、やっと卵殻膜美容液として商品化され、天然由来のアンチエイジング美容成分でもスキンケアが可能になりました。
そして、卵殻膜美容液のおかげで、老化現象での大きな悩みである目の下のたるみのアンチエイジングケアも諦めないでよくなりました。
適切で効果的な使用方法を守り、セルフケアも併せて、健康で美しい肌で末永く満喫してくださいね。

関連ページ

卵殻膜美容液でシワは解消できる?効果的な使用方法&おすすめ商品
卵殻膜美容液には、本当にシワ解消の効果があるのか、最大限に効果を発揮するための使用方法、オススメの卵殻膜美容液など、情報満載でご紹介していきます。
卵殻膜美容液は敏感肌にNG?敏感肌におすすめの卵殻膜美容液を厳選!
卵殻膜美容液は敏感肌でも使って大丈夫なのでしょうか?敏感肌の方におすすめの卵殻膜美容液も厳選してご紹介します。
【簡単】手作り卵殻膜美容液(化粧品)の作り方と注意点まとめ
卵殻膜美容液を、鶏卵の薄皮から手作り出来ることを知っていますか?ここではその作り方のポイントや注意点について余すところなく紹介します。
卵殻膜美容液で乾燥肌は解消できる?より効果的な使い方について解説!
様々な肌トラブルに効果のある卵殻膜美容液ですが、日頃から乾燥しがちな肌を改善することは出来るのでしょうか?乾燥肌対策におすすめの卵殻膜美容液と合わせてご紹介します。
【驚愕】卵殻膜美容液(化粧品)の驚くべき4つの効果!
卵殻膜には肌に良い成分がぎっしり詰まっています。どんな効果があるのかを解説するとともに、使用上の注意点、効果的な使い方、おすすめの卵殻膜美容液(化粧品)などをご紹介します。
美容業界で話題!卵殻膜美容液に含まれるエキスや使い方について★
卵殻膜美容液の効果や正しい使い方、卵殻膜に含まれる成分について詳しく解説します。
卵殻膜美容液(化粧品)で気になるたるみを徹底解消!
卵殻膜で本当にたるみのケアができるのか、効果的な使用方法や、オススメの卵殻膜美容液など、情報満載でお届けしていきます!
【衝撃!】卵殻膜美容液(化粧品)で毛穴レスの色白卵肌を作ろう!
卵殻膜美容液を使った人達の間で「毛穴が目立たなくなった!」という声が多数あります。どうして卵殻膜美容液を使うと、毛穴開きの解消に効果があるのでしょうか?今回は、卵殻膜美容液のパワーと、毛穴開き解消に効果的な使用方法をご紹介いたします!
卵殻膜美容液でいちご鼻は解消できる?気になるメカニズムについて
いちご鼻の主な原因や卵殻膜美容液がいちご鼻改善にどのように作用するのか、更におすすめの卵殻膜美容液まで一挙に大公開します!
卵殻膜美容液でそばかすは解消できる?より効果的な使用方法も伝授!
最近美容業界で大きな注目を集めている卵殻膜美容液!効果的に卵殻膜美容液を使えば、今からでもそばかすを解消できるかもしれません♪
卵殻膜美容液はオイリー肌でも使えるの?副作用・注意点についても解説!
卵殻膜美容液はオイリー肌でも使えるのか?オイリー肌が卵殻膜美容液を使う上での注意点について詳しく解説します。
口元のたるみには卵殻膜美容液がおすすめ!【使用上の注意点】
口元のたるみは、顔を老けて見せてしまう厄介者。「卵殻膜美容液がもたらす口元のたるみへの効果」を中心にご紹介していきます。
卵殻膜美容液でほうれい線を徹底解消!おすすめ商品を厳選紹介!
卵殻膜美容液でほうれい線を改善できるメカニズムを解説するとともに、おすすめの卵殻膜美容液などもご紹介します。